6話 「夢から醒めるように」 - 雲梨×恋愛漫画 メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

6話 「夢から醒めるように」

2020/03/19  16:22
8
最新更新★許されなくても愛してる


1_202003181449420be.jpg

6話 「夢から醒めるように」






























mi (1)おすすめおすすめ







あとがき

アマゾンkindleインディーズ無料電子書籍
全作品配信中!

q9.jpgにほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

コメントアバター画像
あけみ 2020/03/12 20:10

辛いです

読んでて辛いです…
ゆるとの想い出を絶つために軽いキャラを演じてるんでしょうが流くんらしくなくて辛いです(>_<)
でもすごく先が気になります!
コメントアバター画像
雲梨 2020/03/13 12:31

悲しい

流にとって
何もかも忘れてどうでもよく生きることが、
全てから目を背けることが、最善だったんでしょう
だけどロングヘアを無意識に選んでいたり
ゆるという存在をどこかで求めていた…
悲しいですね
コメントアバター画像
あけみ 2020/03/15 12:45

ほんとに悲しいです

あぁー…
中学卒業後、はじめての再開なのに…
また一つ、ゆるの心に悲しみの記憶が残りますね (>_<)
悪態をついてる流くんも辛く悲しいと思いますが…。きっと後悔してますよね?
とても遠回りでも二人に幸せな未来が待ってる事を願います (ToT)
コメントアバター画像
雲梨 2020/03/15 20:07

母のように…

そうですね
中学卒業から6年…
笑顔で再会できるほど二人の時間は進んでなかったんでしょう
それがいいことなのか悪いことなのか
今後の二人を見守っていてください(#^.^#)
コメントアバター画像
あけみ 2020/03/16 11:22

ここで!

「あの日君は僕を捨てた」っていう1話目の冒頭に繋がるんですね!
雲梨さん凄いです!鳥肌立ちました!
流は事故の事も受け入れてゆるを愛してたのに、ずっと一緒だと言った言葉を信じてたのに捨てられたと思ったんですね。それをずっと引きずってるんですね。流の荒れ具合、納得です(>_<)
でもゆるの立場ならあの時はそうするしかなかったでしょう。
二人本当に愛し合ってたのに、あの女の子のしたことは許しません!

前回の再開(再会)…なんてとんでもないミスをしてしまったんだ…すみません(>_<)
コメントアバター画像
雲梨 2020/03/16 21:05

Re: ここで!

よくぞ気づいてくれました!!
そうなんです、冒頭の台詞はまさにこの時とリンクしてます(*^^)
まとめて読みだと気づきやすいですが
このちょこちょこ読みでよくぞ気づいてくれましたパチパチ★
流の気持ちもゆるの気持ちも描いてて辛いです

漢字の間違い私もよくあるので全然気にしないでくださーい
コメントいただける事が嬉しいです(*^▽^*)

コメントアバター画像
あけみ 2020/03/19 23:19

嫌な予感(>_<)

手紙を見た後の流くんの言葉にならない叫びが胸に刺さります。
このストーリーは悲しみというよりも痛みですね…。

雲梨さんの描かれる作品にはいつもいろいろ考えさせられ引き込まれていきます。
早く幸せな二人を見たいですが、最後の終わり方はとっても嫌な予感しかしないですがハズレであってほしいです…。
コメントアバター画像
雲梨 2020/03/20 18:04

痛み

「悲しみというより痛み」
そうですねそっちの方が表現が正しい気がします
変えられない現実を受け入れながら
それでも二人は互いに思い合えることができるのか
離れた方が楽な相手、なるべくなら関わらない方が互いの為にもなる
心の痛みと二人はずっと戦ってます。

コメントの投稿